体験型グローバルマインド育成研修

グローバル人材育成の共通課題。理想と現実のギャップ

人生の結果は「物事に対する考え方」×「熱意」×「本人の能力」で決まる、と言われます。これは、仕事や研修についても同様で、いくら能力があっても本人の姿勢が後ろ向きでは、仕事や研修の成果も限定的になります。

それでは、グローバル要員として、理想的な姿勢とはどのようなものでしょうか?下図は、グローバル要員としての理想的な姿勢と、一般にありがちな後ろ向きの姿勢との対比を示しています。

画像-グローバル人材-理想と現実のギャップ

 

昨今の若者は「内向き」「草食系」「打たれ弱い」と言われますが、このような人材の現状と、理想とするグローバル人材のギャップに悩んでいる企業は非常に多く、こうした現状がグローバル展開の強化を目指す日系企業の人事施策の大きな足枷となっています。

マインド面に焦点をあてた「体験型グローバルマインド育成研修」

私たちは長年にわたり、社員のマインドをグローバル志向に変えるために様々な取り組みをしてきました。そして辿り着いた結論は、社員の内向き志向をグローバル志向に変えるもっとも有効な手段は、実際に「異なる文化を持った多国籍の外国人たちと多様な価値観をぶつけあい、四苦八苦しながら協業を体験する」というものでした。

「百聞は一見にしかず」さらには「百見は一行にしかず」といいます。

研修で海外経験者から講義を受けるのも悪くありませんが、最も効果的なのは自分自身が 四苦八苦した”原体験”をすることです。人はこうして葛藤を経験し、さまざまな気づきと「自分にもやればできる!」という自信を身に付けます。

当社の「体験型グローバルマインド育成研修」では「異なる文化を持った多国籍の外国人たちと四苦八苦しながら協業を体験する」という原体験を研修の中で提供します。
この研修は、ここ数年で前述した課題を持つ大企業に、相次いで導入されています。

画像-コンセプト-グローバルマインド育成研修

「体験型グローバルマインド育成研修」のメリット

■コスト面

  • 海外に行くことなしに異文化体験・外国人との協業体験ができるため、海外研修よりも格段にコストが削減できる。一般に、海外で研修を行った場合1人@50万/1週間~1,000万円/年の費用がかかるが、「体験型グローバルマインド育成研修」であれば、2日間の研修で受講者1名あたり約@2.5万円~3万円前後(最低実施人数15名より)で実施できる。

■時間面

  • 長い期間を要することなく、2日間で研修を完結することができる

■ロケーション面

  • 日本全国、主要都市で研修を実施することができる
  • 会社の宿泊研修施設、公共の研修施設、屋外のキャンプ施設等でも実施が可能

■運用面

  • 新入社員を中心とした階層別研修での導入が一般的
  • 選抜した社員(将来のグローバル要員)に対して行う選抜型での導入も増加傾向

「体験型グローバルマインド育成研修」仕様

■研修時間:基本2日間(初日の夜は多国籍の外国人スタッフとの懇談も可能)

■受講人数:15名~100名

■参加スタッフ人数:受講者5名に対し、外国人スタッフ1~2名(研修負荷により調整)

■場所:貴社研修施設、公共研修施設等

■研修での共通言語:英語(受講者の理解度により、日本語での補助も可能)

「体験型グローバルマインド育成研修」研修の流れ

全体として、受講生5名+多国籍の外国人1~2名でグループを作り、与えられたテーマに対して下記の要領でグループワークを行い、研修を進めていきます。

  1. Introduction
  2. Ice-breaker 多国籍外国人スタッフの出身各国の現状把握
  3. Lecture / Theme Presentation テーマに関する概論プレゼンテーション(ファシリテーター or 外国人スタッフ)
  4. Group work テーマに関する共同作業 (多国籍外国人へのインタビュー、ブレスト、ディスカッションを経て、グループで意見集約し、プレゼンテーションを完成させる)
  5. グループごとにチームプレゼンテーションを実施(通常形式とコンペ形式があり)
  6. リフレクション
  7. 行動計画作成
  8. まとめ

テーマの難易度や時間、受講者の英語レベルや研修負荷を勘案しながら、3~5のアクティビティをテーマを変えて1~2回繰り返す。(チームプレゼンテーションをパネルディスカッションとするパターンもあり)

研修前の打ち合わせで各企業のニーズを汲み取り、会社・人事・人材育成の”思い”を反映させ詳細スケジュールを作成します。

研修受講後の受講者の声(研修について一言)

  • 受けた危機感を糧にして英語力向上に励みつつ、常に世界との関係を意識して主体的に業務に邁進したい。
  • 自分にとっては試練の2日間だったが、おかげで海外で働くことが楽しみになった
  • 多くの刺激をもらい、視野が広がった
  • 今後は積極的に未知の業務にチャレンジしたい
  • 導火線に火がついた
  • 英語は目的でなくツール。色々な英語が存在し、自分の英語も理解してもらえた
  • チャレンジすることの大切さを教えてもらった
  • グローバル化は大変だけど可能性広げてくれる
  • 主体性!
  • 多様性!

「体験型グローバルマインド育成研修」応用活用

「体験型グローバルマインド育成研修」では、主目的であるグローバルマインドの向上に加え、様々な文化的背景を持った外国人スタッフを活かした特定地域の異文化適応対策、マーケティング、 さらには「グローバル対応力テスト」を組み合わせた受講者アセスメントを同時に行うことが可能です。

 

体験型グローバルマインド育成研修 応用例

 

当研修についてのご質問・お問い合わせは、担当の中山まで、お気軽にご相談ください。
電話03-3652-2489
メール nakayama@globalsuishin.com

バナー フェイスブックページ 体験型グローバルマインド育成研修
Page Top